採用情報

採用情報

当薬局は「地域完結型医療」への対応に向けて薬剤師としての自負と責任を持ち、 一方で他職種との連携を進められるような社交性・チャレンジ精神を持った薬剤師の皆さんを求めています。

ダイドー薬品の特徴

先輩インタビュー

薬剤師

横田 智江

(2015 年中途入社)

転職を考えたきっかけは子育ての両立ができ、在宅を学びたいと思い始めたからです。 ダイドー薬品の入社の決め手は、地域に密着した薬局であり、在宅の中でも小児在宅や緩和ケアなど幅広い経験ができることと、面接に行った際のスタッフの雰囲気、何でも質問しやすい社長の人柄です。入社してからは輸液調剤の経験が少なかったのでポンプなどは不安でしたが、周りのスタッフに助けられ、今では在宅に回っていても不安はなくなりました。 今後の私の目標は大きな病院とも連携がとれ、地域に密着することで、信頼される薬剤師になることです。そのために緩和薬物療法認定薬剤師もしくは日本褥瘡学会認定薬剤師の取得を目指しており、日々勉強をしていこうと思います。

薬剤師

岡本 成明

(2018 年新卒入社)

私は学生時代、実習生としてダイドー薬品で学びました。その際に外来は様々な科目を受けていることや、幅広い在宅医療に取り組んでいることを知りました。特に在宅医療は今後、薬局の役割として必要だと考えていたので、幅広い経験を積めることが出来ると思い入社を決めました。実習中も入社後も社内のイメージは変わらず、スタッフみんなが和気あいあいと業務に取り組んでいます。また、入社したばかりで、まだまだ慣れない事や分からないことなどが多いですが、先輩方は気軽に相談できるだけでなく分かりやすく丁寧に教えてくれます。そういう点でもいい職場環境だと感じています。今後は患者さんに信頼される薬剤師を目指して日々勉強をしていきます。

管理栄養士

中村 知華

(2017 年入社)

私は大学卒業後、病院の管理栄養士として勤務していました。 病院では主に、入院、外来患者様への個別、集団栄養指導などを行っていました。病院ではすでに病気を患った方を対象とした栄養指導が多かったのですが、病気を予防するための情報や知識を地域の方に発信したいと思った事が転職のきっかけでした。 転職活動をしている中でダイドー薬品と出会い、管理栄養士が「いきいき健康教室」を通して食事の情報や栄養の知識などを発信していることを知り、私もこんな風に地域貢献をしたいと思いました。また、見学に行った際にスタッフが患者様へ親身に対応している姿がとても印象的で、私がしたかった事がここではできるのだと感じました。 現在は、健康教室を全店舗で開催することを目標に、管理栄養士一同頑張っています。

一日の業務の流れ

通 常
08:15 出社
08:30 朝礼
08:40~ 掃除・お薬の在庫チェック 外来業務・薬歴記入
11:30~12:30 お昼休憩
12:30~ 外来業務&在宅業務 帰社後、在宅報告書記入
18:30 退社
遅 出
・ ・ ・ ・ ・
12:40 出社
13:00~ 外来業務&在宅業務 帰社後、在宅報告書記入
20:30 退社

数字で見るダイドー薬品

スタッフ男女比 スタッフ平均年齢 ダイドー薬品の魅力

募集要項

募集対象 薬剤師国家資格取得見込みおよび保持者
勤務形態 正社員、パート
業務内容 訪問服薬指導・保険調剤・薬剤師業務全般
就業時間 年間2080時間の変形労働時間
休 日 週休2日(日曜日、祝日、および話し合いによって決定された固定曜日)
給 与 27万円(6年生新卒者)
諸手当 住宅手当、家族手当、実務実習指導者薬剤師手当、認定薬剤師手当、専門薬剤師手当など
賞 与 年2回(7月、12月)
昇 給 年1回(5月)
福利厚生 各種保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、社宅制度、学会発表功労金制度 学会参加補助、生命保険による医療補助(全額会社負担)
研修システム 症例検討会[薬剤師・管理栄養士](1回/月) 公開症例検討会 [薬剤師・管理栄養士・多職種](2回/年) メーカー主催勉強会(1回/月)
学生対象 インターンシップ(年間5日間)、実務実習生の受け入れ(3回/年)
社内行事 社員旅行(1回/年)、食事会(2~3回/年)など
TOPへ